2007年07月07日

坊やのブログ公開しました

念願の坊やを連れ帰りました。

食べてしまいたいほどかわいいです(年寄り臭い言い方。。)。

坊やのブログ

坊やとともに、あちらでお待ちしております。
posted by ぎょん at 20:15 | Comment(0) | うさぎ全般

2007年06月30日

子うさぎを…

いろいろ検討して、慎重に決めようと思っていたのに、、



ああ。。



もう決めてしまいました。。









ホーランドロップ オパールの男の子。。



NEC_0136.jpg

前から


DVC00002.jpg

横から


DVC00001.jpg

上から




お店で興奮しながら携帯で写真撮りました。

興奮しすぎて、うまく写真撮れません。。

最後の写真は色がおかしいし。


負けずに、携帯で動画まで。。





お店に来たばかりなので、来週まで引き取りはできないとのこと。


一週間は長い。。身もだえします。。
posted by ぎょん at 20:18 | Comment(11) | うさぎ全般

2007年06月27日

四十九日忌

ふじこの四十九日。


IMGP1964.jpg


時間が経つのがはやいような、はやくないような。


IMGP1964_2.jpg


元気なときによく過ごしていた御影石。


週末から新しい子を探し始めます。

posted by ぎょん at 22:22 | Comment(5) | うさぎ全般

2007年06月14日

ウィーン・プラハから帰国

無事ヨーロッパから帰国しました。
旅行日程が短くて、日本に帰りたくなかった。。

ウィーンからプラハに移動する鉄道駅で、黒っぽいブルーのネザーランドドワーフをかごに入れている女の子をみかけました。
ああ、やっぱりうさぎはかわいい。

昨日はふじこの誕生日。365カレンダーのパート2の本日の欄に、ふじこが掲載されています。ぜひみてやってください。

なお、ウィーン、プラハの旅行記は別ブログで書いていきますので、よかったらのぞいてやってくださいね。

ウィーン・プラハ旅行記
posted by ぎょん at 16:47 | Comment(4) | その他

2007年06月07日

もうすぐ一ヶ月

前回が最後の投稿といっておきながら、再度投稿。。


ふじこさんが旅立ってもうすぐ1ヶ月。。


わたしも旅立つことにしました。


といっても、お月さまではなく海外ですが。


明日からウィーンとプラハに行きます。


パソコン大好きっ子なので、サブノートをお供に。


旅行から帰ったら、新しい子をお迎えする準備をしようかなあと思っています。


新しい子がきたら、また遊んでやってくださいね。


今度は男の子にするかも。


名前はふじおではないと思います。。
posted by ぎょん at 13:14 | Comment(5) | その他

2007年05月14日

最後に

これまで、ふじこを応援していただき、本当にありがとうございました。
みなさんのあたたかいコメントを読んで、また涙が…。
こんなにも愛されて、本当にふじこは幸せな子です。

ふじこが旅立ってから数日経ち、私自身はだいぶ落ち着いてきました。悲しみからさみしさへと気持ちがかわってきているのを感じます。


さて、このブログですが、今回の投稿が最後になります。
闘病記らしく、ふじこの死について記して、最後を締めくくりたいと思います。


ふじこの後ろ足が麻痺してからまもなく、しこりが体の表面部分にできはじめました。神経症状が治まるまでは治療もできないと思い、特に対処はしませんでしたが、ふじこが亡くなる前日には、しこりは体中に増え、もう怖くて数えられないほどでした。
このとき悟りました。食滞や麻痺は、癌の再発・転移によるものだったのだと。

食滞の治療時の血液検査で、膵臓の数値があまりよくありませんでした。おそらく膵臓あたりに再発し、腫瘍が神経を圧迫して、食欲不振や麻痺の症状がでていたのだと思います。

さすがにここまで病気が進行してしまうと、なす術はありませんでした。
最後にこんなにひどいてんかん発作が起きるとは、予想していませんでしたが…。


ふじこは、5歳まで健康優良児でしたが、5歳を過ぎて多くの病気にかかりました。
ふじこのおかげで、うさぎの病気についていろいろ知ることができましたし、多くの優秀な医師と出会うことができました。

多くの方々に助けられ、頑張って病気と闘ってきたけれど、残念ながらふじこは6歳を迎えることができませんでした。(あと1ヶ月だったのに)


うさぎは比較的短命な動物で、うさぎを飼うということは、どんなに頑張っても何度かこの大きな喪失感を味わうことになる。これからもそれに耐えられるのか。この数日自問自答していました。

ふじこを救うことができなかったけれど、先代ロミオの時代に比べると、遙かに進歩したうさぎの医学。優秀な先生方がいなければ、ふじこは5歳になってすぐに亡くなっていたはず。

かわいいうさぎを失うことは怖いけれど、今後のさらなるうさぎ医学の発展を信じて、またいつか新しい子をお迎えすると思います。

最後に、元気だった頃のふじこの写真を少し掲載して、このブログを終えたいと思います。

ふじこは、5歳になるまで、病気一つしない健康なうさぎだったのだから。


IMG_0049.jpg

2001年7月。


IMG_0077.jpg


フジロックの帰りに


IMG_0136.jpg


ふじこをお迎えしました。


IMG_0170.jpg


おどおどした弱々しいうさぎで


IMG_0317.jpg


活発な先代ロミオとの違いに、とまどいました。




1歳。


IMG_1460.jpg



IMG_1677.jpg



IMG_1858.jpg


ラビットショーにもでてみた。。




2歳。


IMG_2001.jpg



IMG_2453.jpg


IMG_2456.jpg




3歳。




IMG_2937.jpg




4歳。



IMG_3005.jpg





2歳以降は、仕事が忙しくてあまり遊んであげられなかった。
ごめんね、ふじこ。

posted by ぎょん at 23:44 | Comment(13) | うさぎの病気・病院

2007年05月13日

きょうは(BlogPet)

きょうは、ふじこまーるが俳句を詠んでみようと思うの

 「あの自分 痛そうにする 自分なり」


*このエントリは、ブログペットの「ふじこまーる」が書きました。
posted by ぎょん at 13:00 | Comment(0) | BlogPet

2007年05月11日

さようなら、ふじこ

2007年5月11日3時50分。
ふじこは、お月様へと旅立ちました。

夕方の発作以降、何度も発作を繰り返し、最期は息絶えました。
発作は本当につらそうで、あまりにも壮絶な最期でした。
ふじこは最期まで頑張り屋さんで、もう行っても良いんだよといっても何度も何度もがんばって。

ふじこは大きな病気を抱えていたのに、本当にがんばりました。飼い主としても悔いはありません。

みなさん、これまでたくさん応援していただき、ありがとうございました。



posted by ぎょん at 04:31 | Comment(23) | うさぎの病気・病院

2007年05月10日

てんかん発作をおこす

ふじこのおしりについた便を取ろうと、足を横にさせて寝かせたところ、急に脇の辺りをなめようとして、そのまま白目をむき背中をそらして痙攣を起こしてしまった。

このまま死んでしまうのではないかと思った。相当狼狽した。

てんかん発作を何度も起こすと、危険な状態になるらしい。
ステラロールを1ml服用させ、様子を見ることに。

これもステラロール(ステロイド)を減らした影響だと思われる。

てんかんを起こした今日は、盲腸糞も出ていない。食欲もかなり減退していた。

体重もどんどん減っている。ガリガリだ。


・ステラロール服用量推移

osarugonのステラロール


・体重推移

osarugonの体重






posted by ぎょん at 20:38 | Comment(1) | うさぎの病気・病院

2007年05月08日

床材とリハビリ

介護情報について、いろいろ情報をいただきありがとうございました。

床材はまだ完全にフィックスしていませんが、皆様からの情報を元にいろいろ検討し、まずはこれでいってみようと思えるものを取りそろえることができました。

介護ベットは、下から、
・ペット用カーペット(もともとふじこが使っていた物)
・ペットベット(人工ラムスキンとかいうやつなのだが、触ると私の手が荒れた (T.T))
・介護用シーツ(洗えるやつ)
・タオル(排尿痛のとき愛用したものたち)
という順です。

このベットが、まあやたらふかふかで、気づいたら私が眠りこけていたということがありました (;^ω^)

これで少しは尿やけや床ずれは防げると思うのですが、ふじこさんの広いテリトリーを網羅したこの介護ベットはやたらでかい。メンテが大変なのでした。

まだ納得のいくできではありませんが、今後少しずつ改良を重ねていきたいと思います。


IMGP1541.jpg


温灸。
ついに棒灸器まで買ってしまいました。


IMGP1542.jpg


これが火消し。


IMGP1538.jpg


温灸って結構楽しいです。




5月の初め頃から両後ろ足を動かせるようになったふじこさんですが、その後あまり変化がありません。
最近は、食事量が少し増え、かなり活発に動くようになったので、変な足の運びのまま動きます。しかも、左後ろ足は少し開き気味。
このままではいけないので、テーピング固定を試してみることにしました。しかしテーピングがへたっぴでいまいちだし、テープがすぐになくなってしまう。


IMGP1543.jpg


もう自分たちで介護ギブスみたいなものを作っちゃう?って話をしています。



エンセの薬がなくなってきたので、新たに追加されました。
ステロイドはさらに半分の量になります。


IMGP1546.jpg

増えていくシリンジコレクション (;´Д`)







posted by ぎょん at 14:54 | Comment(3) | うさぎの病気・病院

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。